スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アリコジャパンの学資保険

AP017_L.jpg
アリコジャパンの「アリコのこども保険」は、他の学資保険とはかなり異なったプランになっていて、5万円、10万円、15万円、20万円の4種類のコースがよういされており、それぞれの金額は、契約時から5年経過後に毎年受け取れるお金の指定された金額を示しています。

例えば20万円コースの場合は、被保険者が0歳(男子)のときに加入したとすると、それから5年経過した5歳から21歳までの間、毎年20万円ずつ受け取ることができます。
また最後の22歳のときには学資金として100万円が受け取れます。

それ以外にも、5歳、10歳、15歳、22歳のときに無事故であったなら「無事故ボーナス」が毎回5万円ずつ受け取ることができます。

つまり加入してから22歳まで無事故であれば20万円受け取ることができるわけです。
それを合わせると合計で460万円の学資金を受け取ることができるプランになっています。

これだけではなく様々な保障もはじめから付いていて、病気やケガでの入院、手術などの基本的な保障から、事故によるヤケドや骨折が起きた場合3万円の支給、ガンなどの特別な疾病時には最高で250万円の支給があります。

さらに臓器・骨髄移植の際には最高500万円もの支給もあるので、保障面でかなり手厚い保障がされているといえます。
しかし、この学資保険は保障型のプランですので、何も起こらなかった場合は元本割れしてしまったりすることも十分ありえます。

ですので、教育資金を作ることを重視するなら貯蓄型のプランの学資保険を選んだほうがよいでしょう。
保障内容に魅力を感じて、掛け捨てでもいいという方にはこの保険は検討する価値が十分あると思います。


Z会小学生コース


スポンサーサイト

東京海上日動あんしん生命のこども保険

AP038_L.jpg
東京海上日動あんしん生命のこども保険は一般的に保障型の学資保険プランの構成になっていて、育英年金も最初から付いています。

ですので、金額を追加して特約に入る必要なく、育英年金も手に入ります。
さすがに育英年金付きのプランで、しかも保障型の形態ですので元本割れする可能性も否定することができません。

けれどもそのままの状態でも、災害死亡保険金などの保障もいくつかついてくるので、比較的割安感を感じられるプランとも言えます。
この保険は22歳満期で18歳時に払い込み満了の形をとっています。
しかし、養育年金は22歳まで支払われる形になっているのも特徴の一つです。
また、5年ごとに契約者配当が出れば、それも受け取れます。

これもまた特徴の一つと言っていいでしょう。
被保険者が死亡した場合や重度の障害が起きた場合は、その原因によって給付される金額が変わってきます。

災害、または感染症で死亡した場合は、上で挙げた災害死亡保険金が支払われます。
その金額は基準祝い金額の200%になります。
また、その他の事由で死亡した場合は一定の死亡給付金が支払われます。

そのほか、加入するための被保険者の年齢制限は0歳~9歳までとなっており、このあたりは他の保険と比較しても一般的と言えるでしょう。
祝い金を受け取れることができるのも、小学校入学時、中学校入学時、高校入学時、大学入学時に設定されており、ここも他の保険と比べても大差はありません。



Z会小学生コース


フコク生命の学資保険

AP012_L.jpg
フコク生命の学資保険である「5年ごと利差配当付き学資保険」は、二つのプラン・・・S型とJ型に分かれています。
どちらのタイプも、貯蓄型のプランとなっています。
S型(ステップ型)の特徴は祝い金が5回出るプランということで、J型(ジャンプ型は18歳のときから祝い金を据え置きでだせるようになり、22歳で満期保険金をまとめて受け取れるプランです。

J型はS型より一般的にさらに貯蓄性を重視しています。契約の細かな条件で変わることがありますが、S型(親の年齢が30歳、子供の年齢が0歳、210万円コースで特約なしの例だと)の返戻率は101%くらいで、J型(親の年齢30歳、子供の年齢0歳で220万円コース、特約なしのとき)の返戻率は106%くらいです。

このデータは2006年のパンフレットに基づいているので、正確な数字は資料を請求して調べてください。

やはり貯蓄型のプランなので、保障型のプランなどと比べて、比較的返戻率が高いのが魅力です。
また、別の保険商品ではありますが、「医療大臣」という商品をセットにすることで、こどもの入院保障やその他の保障を補うこともできます。

特約には「教育資金保障特約」というものがあります。
これは契約者が死亡したり、重度の障害が起きたときに1000万円の一時金を受け取ることができるようになる特約です。

そのほかにも、兄弟割引という特別なサービスもあり、これはすでに兄弟が加入している場合に新しく加入する場合、保険料の割引が受けられるというものです。


Z会小学生コース



朝日生命のこども保険

AP044_L.jpg
朝日生命のこども保険は「新こども保険『えくぼ・ゆめ』」という名前のものがあります。
この学資保険のプランもそれぞれⅠ型とⅡ型に分かれています。
それぞれ、Ⅰ型が「えくぼ」、Ⅱ型が「ゆめ」という名前です。
二つの違いは、育英年金がついているかいないかで、付いているものが「えくぼ」、付いていないプランが「ゆめ」となっています。
どちらのプランにせよ、全体的に保障型のプランになっていて、育英年金のついていない「ゆめ」で特約を付けないようにしても、元本割れの可能性が出てきてしまいます。
したがって貯蓄や、学資金の運用を考えている方にはあまり向いていないプランになっています。
しかし保障面は一通り充実しているので、保障型で充実した保障を求めている方にはおすすめできるプランです。
また、祝い金の受け取り回数も比較的多めで、5回~6回になっています。
加入するための被保険者の年齢制限は0歳から6歳となっているので、注意しましょう。
契約者に万一のことがあった場合の保障は、育英年金がもらえるかどうかで差がでますが、それ以外は「えくぼ」も「ゆめ」もほぼ同じです。
また被契約者に万一のことがあった場合には、死亡給付金が支払われます。
その他様々な特約があるので、この学資保険もやはり充実した保障と、特約によるオプションが魅力です。
従って特に特約などが必要ない場合は、極端な話ですが他の保険と十分比較して考えたほうがよいと思われます。


Z会小学生コース



大同生命のこども保険

AP041_L.jpg
大同生命の育英年金月こども保険、学資保険「み・ら・い」は名前の通り、特約なしでも育英年金が最初からついているのが特徴です。
プランとしては保障型プランになっており、満期が22歳ではなく20歳になっているのも特徴と言えるでしょう。
また、子供が死亡した場合、災害によって死亡したのか、それ以外のことが原因で死亡したかによって給付金が異なり、災害時の死亡給付金は保険金と同額支払われます。
それ以外のことが原因で死亡した場合は通常の死亡給付金が支払われます。
そのほかにも、「先付給付金」という制度があります。
これは所定の日以後に受取人から請求があった場合、所定の金額を受け取れる制度です。
他の特徴として、この学資保険には特約がありません。
非常に珍しいプランですが、その分シンプルです。
これをメリットととらえるとすると、シンプルな分、プランの方針が立てやすく、またわずらわしい契約の金額の計算からまぬがれることができるという点が考えられます。
もしデメリットととらえるなら、特約がない分、自分の理想に合ったプランをたてることができない場合があることです。
また、パンフレットを請求すると見積もりを一緒に取ってもらえるので非常に便利です。
加入するための被保険者の年齢制限は0歳~8歳と、他の学資保険と比べても比較的せまく設定されています。
選択肢が狭いのが難点ではありますが、シンプルな保障型のプランを検討している場合は、他のプランと比較しても魅力的に感じられるかもしれません。


Z会小学生コース


スポンサードリンク
あなたにピッタリな保険を「DIY保険組み立てキット」で探す
1年ごとに見直せるし、ダイレクト販売のために保険料にムダがありません。


生命保険の無料相談は生命保険契約ナビへ
複数社から無料見積!生命保険に強いファイナンシャルプランナー(FP)を無料でご紹介致します。


簡単!便利!みんなの保険比較サイト保険モール
自分であれこれと欲しい補償内容を変更し、どの保険会社のどの保険が一番自分に合っているかを選ぶことができます。


損保ジャパンひまわり生命「フェミニーヌ」
入院してもしなくても3年ごとに15万円のボーナスがもらえる嬉しい女性のための保険です。



保険料 見直しませんか?
リンク
サイトマップ
カウンター
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。