FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学資保険の選び方その2

AP079_L.jpg
前回に続いて、学資保険の選び方についてお話ししたいと思います。
前回の記事の二つのステップを終えて、どのタイプの学資保険にするかを決めたとします。
次に決めることは満期保険金を受け取る時期を選ぶことです。
このステップについてですが、たいていの保険会社は満期保険金や祝い金の時期を設定していることがほとんどです。
ですので、この時期ほぼ自動的に決まってしまいます。
ほとんどの学資保険のプランは「17.18歳」の大学進学時か、「20.22歳」の自立時に設定されていることが多いようです。
特にもっとも多いのは「18歳満期」のプランのものです。
理由は、学費が最もかかるのが大学進学時だからです。
最近では「17歳満期」のプランも増えてきています。
誕生日が早生まれであったりすると、大学入学金を支払うときに満期保険金の支払いが間に合わないことがあるからです。
また満額保険金で一度に全額をもらうプランのほかに、小学校、中学校、高校入学時に、祝い金として分けてもらうプランもあります。
当然のことですが、満額保険金として一度にもらうプランが一番金額は高くなります。
最後に満期保険金の金額を設定します。
これは受取時期と違い、自分たちで設定できるプランもあります。
子供を私立大学に行かせたいか、国公立大学に行かせたいか、また、どういった教育を受けさせたいかなどでプランを考えましょう。
ただ、月々の支払いの額も考えなくてはいけません。
無理なプランを組んで途中解約になってしまっては元も子もありませんからね。
以上、ざっとポイントを書いてみました。
ぜひ、参考にしてみてください。

Z会小学生コース



スポンサードリンク
あなたにピッタリな保険を「DIY保険組み立てキット」で探す
1年ごとに見直せるし、ダイレクト販売のために保険料にムダがありません。


生命保険の無料相談は生命保険契約ナビへ
複数社から無料見積!生命保険に強いファイナンシャルプランナー(FP)を無料でご紹介致します。


簡単!便利!みんなの保険比較サイト保険モール
自分であれこれと欲しい補償内容を変更し、どの保険会社のどの保険が一番自分に合っているかを選ぶことができます。


損保ジャパンひまわり生命「フェミニーヌ」
入院してもしなくても3年ごとに15万円のボーナスがもらえる嬉しい女性のための保険です。



保険料 見直しませんか?
リンク
サイトマップ
カウンター
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。