スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学資保険の選び方その1

AP094_L.jpg 以前は学資保険といえば郵便局の「かんぽ」が主体だったのですが、最近は様変わりしてきていて、様々な学資保険を多くの保険会社が販売するようになってきています。 それ自体は大変喜ばしいことなのですが、逆に言うと最適な学資保険を探すのに苦労する可能性も出てきているということでもあります。 様々な学資保険を比較・検討し、最も適した学資保険を選ぶこと(もしくは学資保険を利用しない)、この選択がとても重要なのは言うまでもありません。 では、どういった選び方をすればいいでしょうか。 まず第一に学資保険が本当に必要なのかどうかを検討することです。 例えば、教育費を十分にねん出できる収入や貯蓄がある場合は、学資保険を利用する必要はあまりないと言えるでしょう。 また、他の生命保険に入っていたりして、万一の場合にも備えている方にも学資保険はそれほど必要とは思えません。 次のステップとしては、保障型の学資保険にするか、貯蓄型の学資保険にするかということを比較することが肝要です。 この二つのタイプの学資保険についての比較は、以前のブログの記事を参考にしてください。 現在では貯蓄型の学資保険が人気と書きましたが、これも各家庭で有効かどうか差が出てくるのでよく比較するようにしましょう。 まずは、この二つのステップを大前提にして考えていきましょう。 どの学資保険も決して安易に選ばないことです。 しっかりと比較検討して選びましょう。 それが失敗しない学資保険選びの必要条件です。 Z会小学生コース
スポンサードリンク
あなたにピッタリな保険を「DIY保険組み立てキット」で探す
1年ごとに見直せるし、ダイレクト販売のために保険料にムダがありません。


生命保険の無料相談は生命保険契約ナビへ
複数社から無料見積!生命保険に強いファイナンシャルプランナー(FP)を無料でご紹介致します。


簡単!便利!みんなの保険比較サイト保険モール
自分であれこれと欲しい補償内容を変更し、どの保険会社のどの保険が一番自分に合っているかを選ぶことができます。


損保ジャパンひまわり生命「フェミニーヌ」
入院してもしなくても3年ごとに15万円のボーナスがもらえる嬉しい女性のための保険です。



保険料 見直しませんか?
リンク
サイトマップ
カウンター
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。