FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学資保険の必要性

AP064_L.jpg
学資保険は一概には必要だと言うことができません。
なぜかというと、学資保険にはさまざまなプランやタイプがありますが、どの家族にも必ず一つは合っているプランがあるとは限らないからです。

学資保険は、あくまで子どもの教育費を考える際に考えられるひとつの選択肢だということです。
時には他の選択肢(例えば貯蓄など)が有効である可能性も十分考えられます。

何度もお話しするようですが、学資保険の最大のメリットは契約者に万一のことがあった場合に、それ以降の保険料が免除され、満期保険金+祝い金が契約時と変わりなく受け取れることです。
しかし、そういうことは何も学資保険でなく、その他の生命保険が有効な場合もあるでしょう。

また、子供の死亡給付金についても同等のことが言えます。
というか、子供の医療保険について言えば、掛け金の安い共済などで十分な場合もあるでしょう。
育英年金も生命保険でカバーしきれてしまう場合も多々あることかと思います。
そういう考え方をすると、返戻率が100%を下回る保証型の学資保険には利点が少ないように感じられます。

近年ではそういった学資保険の新規契約者の数は大幅に減少しています。
逆に貯蓄性重視の学資保険は新規契約者を伸ばしています。

現在の利回りを考えると、学資保険に加入するのが当然だった利回りのよかった時代に比べ、学資保険の価値というものは下がっていると言えるでしょう。
その代わりに、貯蓄やその他の運用などを考えるのも選択肢として考慮することもできます。


Z会小学生コース


スポンサードリンク
あなたにピッタリな保険を「DIY保険組み立てキット」で探す
1年ごとに見直せるし、ダイレクト販売のために保険料にムダがありません。


生命保険の無料相談は生命保険契約ナビへ
複数社から無料見積!生命保険に強いファイナンシャルプランナー(FP)を無料でご紹介致します。


簡単!便利!みんなの保険比較サイト保険モール
自分であれこれと欲しい補償内容を変更し、どの保険会社のどの保険が一番自分に合っているかを選ぶことができます。


損保ジャパンひまわり生命「フェミニーヌ」
入院してもしなくても3年ごとに15万円のボーナスがもらえる嬉しい女性のための保険です。



保険料 見直しませんか?
リンク
サイトマップ
カウンター
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。